テレビアンテナ工事は遠くのテレビアンテナ工事店より近くのテレビアンテナ工事店が安心!工事クイック千葉

千葉県の地上デジタル放送アンテナ工事、地デジ改修工事は工事クイック千葉へ!戸建て、マンション、共同住宅など様々な建物形態に対応します。

お電話でお気軽にお申し込み!0120-707-999へどうぞ!
工事のお申し込み・無料見積はこちら!
地デジ放送を視聴するためには、地デジ対応のテレビがなくても大丈夫!現在お持ちのテレビでも、地デジのチューナーとアンテナなどの電波受信設備を設置すればそのまま使用することができます。

テレビアンテナ工事 用語集

地上デジタル放送(地デジ)
地上にある送信局や中継所から送り出されるデジタル方式のテレビ放送です。
テレビ放送開始以来、テレビ放送はアナログ方式でしたが、2003年12月1日に東京、名古屋、大阪の三大都市圏で放送が開始されました。(順次放送エリアを拡大)
アナログ放送が全国で一斉に停波される2011年7月24日以降は、デジタル放送のみとなります。
UHFアンテナ
極超短波(ごくちょうたんぱ、UHF:Ultra High Frequency)を受信するためのアンテナです。極超短波とは、周波数300MHzー3GHzの極超短波帯の周波数の電波をいいます。東京タワーや生駒山など親局以外からの地上アナログ放送や、地域放送の受信に使用します。また、地上デジタル放送もUHFアンテナで受信します。
UHFパラスタックアンテナ
放送対象地域外用に開発された遠距離用のUHFアンテナのことです。代表的な製品としては、マスプロ電工のラブストーリーシリーズ(LS)があります。
VHFアンテナ
超短波(ちょうたんぱ、VHF:Very High Frequency)を受信するためのアンテナです。超短波とは、周波数30MHz~300MHzの超短波帯の周波数の電波をいいます。東京タワーや生駒山など親局からの地上アナログ放送の受信に用います。
素子(エレメント)
アンテナの導体部分のことです。
一般的に素子数が多ければ多いほど、高利得(高感度)とされていますが、現在は各メーカーの技術革新によって必ずしもエレメント数が大きければ高性能とはいい切れません。通常、素子数とアンテナの棒の数が同数です。
BS/110度CSデジタルアンテナ

東経110度に打ち上げられた衛星から送信されているBS放送と、110度CS放送を受信できるアンテナです。

BS放送はBSAT-2aとBSAT-2cという2つの放送衛星(Broadcasting Satelites:BS)から電波を送信しています。 1989年にNHKがアナログ放送を開始し、2000年12月からはNHK、WOWOW、民放キー局がデジタル放送を開始しました。アナログ放送では、NHK2チャンネル(衛星第一、第二)、アナログハイビジョン、WOWOWだけでしたが、デジタル放送では、民放系のBS放送を加えてテレビジョン放送10チャンネル、超短波放送(単営)11チャンネル、データ放送(単営)7チャンネルの合計18チャンネルに増加しました。NHKの受信料とWOWOWなど一部有料チャンネルを除いては、無料でご視聴いただけます。

110度CS放送はN-SAT-110という通信衛星(Communication Satelites:CS)から電波を送信しています。そのため、通称110度CS放送と呼ばれています。2002年に放送を開始した当初は、SKY PerfecTV!2・プラット・ワン・epという3つのプラットフォームがありましたが、2004年、集約されてスカパー!e2となりました。(2007年2月1日より「スカパー!e2」へ名称変更されました。) SKY PerfecTV!が専用のアンテナとチューナーを必要とするのに対し、BS放送と同じ方角に打ち上げられている衛星を使用する ため、BSデジタル放送のアンテナで受信できることが特長です。なお、スカパー!e2は一部無料チャンネルを除き有料放送です。ご視聴する場合には、スカパー!e2へ加入する必要があります。

スカパーアンテナ

東経124度に打ち上げられたJCSAT-3と、東経128度に打ち上げられたJCSAT-4Aという2つの通信衛星(Communication Satelites:CS)から送信されているCS放送を受信するためのアンテナです。1つの衛星からはそれぞれ、水平、垂直偏波という2種類ずつ、2つの衛星からは合計4種類の電波が送信されています。4つの信号を電圧により切り替えて1つのアンテナで受信する必要があるため、一般家庭での受信においては分配器を取り付けることはできません。アンテナ1本につき、チューナーは1台必要で、テレビ1台のみへの接続となります。

CS放送のプラットフォームは株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズが運営するSKY PerfercTV!です。1996年9月30日、「PerfecTV!」として開設しましたが1998年、開局直前のJスカイBを吸収・合併し、現在のプラットフォームになりました。現在でもJCSAT-3からの放送が「パーフェクTV!サービス」、JCSAT-4Aからの放送が「スカイサービス」と呼ばれています。SKY PerfecTV!は、有料の日本最大の多チャンネルデジタル衛星放送です。ご視聴する場合には、SKY PerfecTV!へ加入する必要があります。

共同アンテナ

個別アンテナが1世帯でそれぞれアンテナを必要とするのに対し、複数の世帯で共用するために設置されたアンテナを共同アンテナといいます。集合住宅に設置されている全世帯用のアンテナも共同アンテナです。

また、戸建にお住いの場合でも共同アンテナを使用されている場合もあります。第一のケースとして、大きなビルなどにより電波が遮蔽され受信できない場合には、その原因となっているビルの共同アンテナから直接ケーブルを引くことがあります。 第二のケースとして、ご地域の美観上の問題で個別にアンテナを設置するかわりに、共同アンテナを建てられているご地域もあります。

ケーブルテレビ
昭和30年代より各地で設置が始まったテレビの有線放送のことをいいます。(略称はCATV【Common(またはCommunity) Antenna TeleVision:共同受信の略語】)
開始当初は、山間部など地上波放送の電波が届きにくい難視聴地域のために設置されていました。しかし、近年では難視聴地域でない都市部においても、自主放送を行う大規模ケーブルテレビが各地に設置されています。現在では、前者の難視聴解消型のケーブルと、後者の都市型ケーブルと2つに分類されています。
なお後者の都市型ケーブルは、テレビ放送以外にもIP電話サービスや高速インターネットサービスが、利用できることもあります。
ブースター(増幅器)
受信した電波を強める機械のことです。アンプと言われることもあります。VHF用、UHF用、VHF/UHF用、VHF/UHF/BS用など、様々な種類があります。
元々の電波状況が弱い場合などに、使用します。また、アンテナから接続する機械が多ければ多いほど、受信した電波の減衰が生じます。通常、アンテナの直下に設置します。
そのため、電波を複数台のテレビへ分ける(分配する)際や、複数の録画機器、またはチューナーへ接続する際には、安定した受信の望めるレベルを保つためにブースターを使用することもあります。
なお、ブースターへ適正な数値で電波を入力するためには、微妙な調整が必要です。
アッテネーター(減衰器)

上記ブースターに対して、受信した電波を弱める機械のことです。通常、設置位置はブースター入力前となります。減衰させてから増幅すると、一見矛盾があるように思われますが、ブースターには定格出力レベル(このレベルまで出力できます)があり、

(1)このレベルを超えてしまった場合(レベルが強すぎる)は障害が発生
(2)このレベルを下回りすぎた場合でも障害が発生
のように、微妙な調整を必要とします。

例として、ブースターの定格出力レベルは90dBで、ブースターへの入力の適正な値が70dbとします。ある電波のアンテナ受信レベルが80dBで受信されていると仮定します。そのままブースターも何も設置しない場合は、分配数にもよりますがテレビコンセントでは65dBほどに減衰しレベルが足りない値になります。そこでブースターが必要となりますが、このブースターを使用すると20db増幅されます。
この場合、アンテナ受信レベルが80dB + ブースターによる増幅20dB = 100dBとなり、定格出力90dBを超えてしまいます。そこで減衰器で-10dBすれば、ブースターへの入力の適正な値である70dBが可能になり、増幅分も20dB追加することにより適正な定格出力が得られます。

アンテナ工事の際はこのような計算を、VHF/UHF/BSそれぞれ行いレベル測定器(電界強度計)を使用し、数値を足したり引いたりして適正な電波レベルに調整することが必要となります。

また、強電界地域(電波が強い地域)などでアンテナからテレビへ、電波が強い状態で入力すると、テレビの故障等の原因となりますので、減衰器を使用し適正な受信レベルの確保をお勧めします。

分配器
受信した電波を均等に分ける機械です。複数台のテレビへ電波を分ける際に使用します。
複数の部屋へテレビ端子が付いている新築のお住いには、通常施工業者によって分配器も設置されています。
分岐器
受信した電波の割合を幹線と支線というように、割合を変えて分ける機械です。スプリッタとも呼ばれます。
個人用受信設備で用いられることはほぼなく、共聴受信設備で個別の配線に分ける場合などに使用いたします。
混合器(ミキサー)

違う種類の電波の信号を1つにまとめる機械です。
たとえば、2つのアンテナで地上デジタルとBS放送という2種類の電波を受信した場合でも、混合器を設置し信号を1つにする事により、屋内へは1本のケーブルで引き込む事ができます。
分波器(セパレーター)
混合器でまとめた電波をもとの別々の信号に戻すための機械です。
1つの配線によってテレビコンセント(テレビ端子)まで届けられた電波を、テレビへ入力する時に、テレビの入力端子が地上波とBSとに分かれている場合、信号を元に戻しそれぞれの入力端子へ接続する必要があります。分波器はテレビへ入力する直前に設置します。
バンドエリミネーター
特定の帯域(バンド)を減衰させるための機械です。
電波の強い特定のチャンネルを減衰させて、電波の弱いその他の電波に合わせるためのフィルターです。
同軸ケーブル
電気信号を伝送する電線の一種で、導体線の周囲を絶縁体で覆い、さらにその周囲を外部導体で覆った形をとっています。ちょうど、軸を同じくした円筒を入れ子にしたような形状に見えることから、この名前がつきました。
特徴としては、外部への電磁波の漏れが少ないことや、折り曲げることがある程度可能なことが挙げられます。
テレビアンテナ工事では、インピーダンス75Ω(オーム)の同軸ケーブルを、アンテナとテレビ機器の接続に用います。デジタル放送を受信するためには、4C以上の同軸ケーブルが必要と言われています。
F型コネクター
アンテナと同軸ケーブルの接続に用いられる部品です。
丸い端子の中に1本の細いピンがある形状です。F型接栓(せっせん)と呼ばれることもあります
中継コネクター
F型コネクター同士の接続に用いられる部品です。
先端がF型コネクターの同軸ケーブルを継ぎ足す場合に使用します。
自己融着テープ
0.7~1mm程度の厚さの薄いゴム製のテープで、伸ばしながら巻きつけるとゴムが溶けて、テープ同士で接着できる特殊部材です。
防水効果があるので主に屋外など水がかかる場所や、湿度の高い場所での電線の接続に使用されます。アンテナ工事でもアンテナ線の接続に用います。
マスト(ポール)
アンテナを設置する柱のことです。
屋根馬
マストを固定するための架台の一種です。通常、切妻屋根や寄棟屋根の頂点や陸屋根の上へ取り付けます。
ルーフベースとも呼ばれます。
サイドベース
アンテナを壁面へ設置するための架台です。通常、急勾配の屋根や片流れ屋根など、屋根上への設置ができない場合に使用します。
サイドステーとも呼ばれます。
支線
アンテナを直立して保持するため取り付ける針金状のワイヤのことです。
通常異なる方向に複数の支線を張って固定します。
電界強度計(測定器やチェッカー)
アンテナを設置する際などに使用する、電波を測定するための機械のことです。
受信レベルを数値によって、把握することができます。

このページのトップへ

棟梁グループのポータルサイトはこちら